会社概要

会社概要

●3つの企業理念
  • 高度な技術力
  • 機敏な対応、素早い行動力
  • 適正価格のサービス提供

これら核となる3つの企業理念を、RASの3文字の中に表現しております

風を斬ったようなRは、Quick Action & Quick Response で示す敏速な対応、スムーズな業務体制を表します。
上に向いた矢印が象徴的なAは、High Level Engineering Service で示す高い技術力とサービス、向上心を 表します。
Sの右方向の地に沿った矢印は、Reasonable Priceで示す適正価格とともに地に沿った堅実性、ニーズに 合った適応性を表しています。

概要

■ 社名 株式会社RAS(RAS Co.,Ltd.)
■ 創立 1988年4月
■ 代表取締役社長 石崎淳一
■ 資本金 3,000万円
■ 従業員数 約80名
■ 取引銀行 三菱東京UFJ銀行-上大岡支店
みずほ銀行-銀座支店
■ 株主 日本リライアンス株式会社
■ 業務内容 日本リライアンス(株)並びにロックウェル・オートメーション社の制御装置関連の製品に関する
  • スタートアップ
  • 出張サポートサービス
  • 定期点検サービス
  • 生産性や品質向上のための改造、更新
  • 修理
  • 保守部品、予備品の販売
  • その他、制御装置に関する付帯業務全般
■ 主な装置例 自動車、鉄鋼、金属、製紙、印刷、ガラス、食品、フィルムをはじめ、国内外のあらゆる業種の製造設備

印刷機、コーティングライン、押出機、搬送機械、切断機、定寸穴あけ機、木工機械、射出成型機、自動倉庫、プレスライン、各種切断機、インデックステーブル、パイプベンダー、巻き線機、ロールフィーダー、その他

沿革

■ 1988年

  • 日本リライアンス鰍フサービス部門強化のため、
    日本リライアンスサービス竃{社を横浜市金沢区鳥浜に設立し、また同時に大阪営業所、
    名古屋営業所を設立させ、トラブルシューティングを主とし、業務開始
  • 24時間修理保守契約サービスの開始

■ 1992年

  • 本社を日本リライアンス轄\内へ移転

■ 1995年

  • 日本リライアンスサービス叶V社屋完成

■ 1998年(創立10周年)


■ 1999年

  • 米国ロックウェル・オートメーション社による米国リライアンス社の買収を契機として、
    社名をロックウェルオートメーションサービス鰍ノ変更
  • 日本リライアンス叶サ品のサービスとしてEi-service(遠隔監視システム)検証開始
  • 製品修理強化のため、修理部門(現修理検査課)を設立

■ 2000年

  • モーター修理業務を修理部門にて開始
  • ロックウェル・オートメーションジャパン鰍ニの
    システムインテグレーターソリューションプロバイダー契約締結
  • Ei-Service開始

■ 2001年

  • 創立初の売上10億円を達成
  • ロックウェル・オートメーション製品の
    サービス強化のため、カスタマーサポート部(現RA課)を開設
  • ロックウェル・オートメーションジャパン且け入れ検査を受託開始

■ 2003年(創立15周年)

  • 更なる飛躍を目指して、社名を崖AS(アールエーエス)に変更
  • 修理部門にてモーターの社内修理を開始

■ 2005年

  • 技術部門強化に伴い、テクニカルセンター設立

■ 2007年

  • 広島出張所開設

■ 2008年(創立20周年)


■ 2009年

  • 北関東出張所開設
  • リモートメンテナンス開始
  • テクニカルセンター移転

■ 2013年

  • 東光高岳グループとなる

■ 2017年

  • アイダエンジニアリンググループとなる
ページの先頭へ戻る